クレジットカードなし生活

クレジットカードのデメリット

2015年3月24日

いいことずくめのように思えるクレジットカードですが、もちろんデメリットがないわけではありません。もしクレジットカードを作ってクレジットカードなしの生活から脱却するつもりなら、クレジットカードのデメリットをよく知っておく必要があります。

不正利用のリスクがある

クレジットカードは現金がなくても支払いができるというメリットがある一方で、不正利用されたときの被害額が大きくなりがちというデメリットがあります。現金を落としてもその金額以上の被害にはなりませんが、クレジットカードを落としたら限度額いっぱいまで使い込まれてしまう可能性がありますからね。

盗難、紛失、スキミング、それからクレジットカード情報の流出など、不正利用に至るケースはさまざまです。暗証番号を漏らすなど、クレジットカードの所有者に明らかな過失がなければ被害額は補償される可能性があるため、過度な心配は不要ですが、このようなリスクがあるということは覚悟しておきましょう。

支払いが遅れると大変

クレジットカードの支払いを延滞したり滞納したりすると、色々と厄介なことになります。そのクレジットカードを強制退会させられるだけならまだしも、他のクレジットカードを作れなくなったり、ローンを組んだりキャッシングをしたりすることもできなくなります。これは金融業者が信用情報機関を通じて金融事故の情報を共有しているためです。

クレジットカードがないだけなら何とかなるかもしれませんが、スマートフォンの割賦契約も自動車ローンも住宅ローンも教育ローンも組めなくなってしまったとしたらどうでしょうか。ちょっとくらい支払いが遅れても後でちゃんと払えばいいか、というような軽い考えでいると後悔することになります。

年会費がかかるものがある

クレジットカードは年会費なしで取得できるものがたくさんありますが、年会費がかかるものもあります。年会費有料のクレジットカードはポイント還元率が高かったり優待サービスが充実していたりするわけですが、維持費がかかることに抵抗がある方も少なくはないことでしょう。年会費無料のクレジットカードを取得すれば問題はないのですけどね。

クレジットカード不要の格安SIM