クレジットカードなし生活

クレジットカードなしでETCカードを作る方法

2015年2月18日

高速道路の料金所をETCで通過するためにはETC車載器とETCカードが必要です。しかし、クレジットカードのオプションであるETCカードは当然のことながらクレジットカードがなければ作れません。何とかクレジットカードなしでETCカードを作る方法はないものでしょうか。

ETCパーソナルカードを作ろう

クレジットカードを持っていなくてもETCパーソナルカードなら作れます。ETCパーソナルカードとは高速道路の通行料金の支払いにのみ利用できるカードで、東日本高速道路株式会社、首都高速道路株式会社、中日本高速道路株式会社、西日本高速道路株式会社、阪神高速道路株式会社、本州四国連絡高速道路株式会社の6社が共同で発行しています。

ETCパーソナルカードの特徴

ETCパーソナルカードを作るにあたってはデポジットと呼ばれる保証金をあらかじめ預託しなければなりません。「毎月の利用料金の平均値を5000円単位で切り上げて(最低10000円)4倍にした金額」と「毎月の利用料金の年間最高値を20000円単位で切り上げた金額」の高い方がデポジットの金額になります。

また、ETCパーソナルカードを作ると年会費として1234円(税込)が請求されます。支払い時期は利用開始月の翌月です。デポジットに加えて年会費まで支払わなければならないので金銭的な負担は決して小さくはありませんが、これもクレジットカードなしでETCカードを作るためには仕方のないことです。

通行料金は銀行などの預金口座から毎月引き落とされます。いわゆる口座振替です。デポジットはあくまで保証金であって、そこから通行料金が支払われるわけではありません。通行料金を支払わずにいるとETCパーソナルカードの利用が停止されてしまうことがあるので、預金口座に入金をし忘れると厄介なことになります。

ETCパーソナルカードの作り方

ETCパーソナルカードを作るには、まず高速道路のサービスエリアなどにあるインフォメーションで申し込み書をもらうか、もしくはETCパーソナルカード事務局に電話をかけて申し込み書を送ってもらいます。申し込み書を手に入れたら必要事項を記入し、本人確認書類を同封してETCパーソナルカード事務局に郵送します。

デポジット振り込みの依頼書が届いたら、同封されている払込取扱票を使って郵便局かコンビニエンスストアでデポジットを入金します。だいたい2週間ほどでETCパーソナルカードが届き、その日からETCが利用できるようになります。

クレジットカード不要の格安SIM